すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

この記事は6分で読めます

こんな風に悩んでいる女性も多いはず・・・

 

『なんで女なのにすね毛が濃いの・・・!?』

 

すね毛の濃さは人によって千差万別。

 

しかし、すね毛が濃い原因を把握し、それを改善していくことですね毛を薄くしていくことはできます。

女性でありながらすね毛が濃くて悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

すね毛が濃いのは男性ホルモンが原因

すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

ホルモンには女性ホルモンと男性ホルモンの2種類があり、女の子の身体にも男性ホルモンは流れています。

男性ホルモンは、活力をUPさせたり、脂肪の増加を抑えて肥満を防止してくれたりと、女性の身体にも欠かせない働きをしてくれます。

 

この男性ホルモンの一つにアンドロゲンというものがあります。このアンドロゲンという物質には、体毛を濃くして、毛穴を開き、皮脂の分泌をさかんに行うという効果があります。

 

ちなみに、中学生の男子ににきびができやすいのは、このホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されて、皮脂腺という場所で詰まってしまうことで、ニキビができやすくなるからと言われています。

 

このホルモンは女性にもあり、何らかのきっかけて、卵巣の中で作られるアンドロゲンの数が増えてしまうと、体質が男性化していくことになります。その結果、体毛が太く、濃くなり、毛穴が開き皮脂の分泌がさかんになるということもあり、結果的に脂っこく、きめが粗い肌になってしまうのです。

 

また、女性ホルモンの量も重要。

 

女性ホルモンが多いと、体毛の発育を抑える働きをするので、すね毛を薄くしたいのであれば、男性ホルモンを抑え、女性ホルモンの分泌量を増やしていく必要があると言えます。

 

それでは、女性の中でアンドロゲンといった男性ホルモンが過剰に分泌されて、女性ホルモンの分泌が弱くなってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか?それぞれの原因について詳しくみていくことにしましょう。

 

男性ホルモンが増える原因は?

一般的に男性ホルモンが増えてしまう原因をこちらにまとめておきます。以下のことに当てはまる人は、すね毛が濃くなってしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

ストレスが多い

ストレスを感じると、自分自身を守るために副腎皮質ホルモンを分泌します。「副腎」とは男性ホルモンを分泌する器官の一つ。

 

ストレスが多く、副腎皮質ホルモンの分泌が活発になると、男性ホルモンも過剰に分泌されてしまうので、気をつけましょう。

 

肉食に偏っている

すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

赤身の肉などには男性ホルモンの増加させる動物性たんぱく質が含まれています。

なので、野菜や魚などをあまり摂らず、肉食中心の食生活を送っている人は男性ホルモンが増加している可能性があるので気をつけてください。

 

深夜まで起きている

男性ホルモンの分泌が最も活発になるのが深夜。この時間に起きていると、男性ホルモンの分泌を促してしまうので、普段から夜遅くまで起きているという人は注意する必要があります。

 

女性ホルモンが減ってしまう原因は?

また、女性ホルモンが減ってしまう原因にも触れておきます。これらに当てはまる人は、女性ホルモンが減っていってしまう可能性があるので、気をつけましょう。

 

タバコを吸う

すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

喫煙は、女性ホルモンであるエストロゲンの生成を阻害し、分解してしまうので、女性の大敵。ムダ毛が気になるのであれば、喫煙はなるべく控えたほうがいいですね。

 

過度なダイエット

すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

エストロゲンは、体脂肪の中で生成されるので、あまりにも体脂肪が減ると、女性ホルモンの量も少なくなってしまいます。特に、厳しい食事制限を課すダイエットをしている人は注意が必要。

 

食事バランスが乱れてしまうと、女性ホルモンの分泌も乱れてしまう可能性があります。

 

産後や手術後のホルモンバランスの乱れ

産後や手術あとには、ホルモンバランスが乱れやすいといわれています。その結果、男性ホルモンがやや優位になったり、女性ホルモンの分泌が悪くなってしまうこともあります。

 

以上が男性ホルモンの分泌が増える理由、女性ホルモンの分泌が減る理由になります。それでは、肝心な女性ホルモンを増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

女性ホルモンを増やす方法は?

普段の生活の中で女性ホルモンを増やすこともできます。ムダ毛を薄くしたいと思っている人は参考にしてみてください。

 

女性ホルモンに近い食べ物を摂取する

一つ目の方法が女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをする成分を含む食材を積極的に摂取するということです。具体的な食材は以下の通りです。以下の食材を普段から積極的にとるようにしてみてくださいね。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンには、エストロゲンと似た働きをする植物性エストロゲンの一つです。

この大豆イソフラボンを多く含む食材には、以下のようなものがあります。

  • 大豆
  • おから
  • 豆乳
  • 味噌
  • 豆腐
  • 納豆
  • 油揚げ
  • きなこ

以上のような食材を1日70~75㎎摂取することが大切です。

 

って言われても、具体的な量っていまいちわかりませんよね。

具体的には、お味噌汁1杯、豆腐100グラム(1人前の量)、納豆1パック、きなこ(計量スプーン中1杯分)くらいの分量です。

 

日本ではもともと、しょうゆや味噌など、大豆を使った料理がたくさんありますので、和食を意識していたら、自然と必要な量を体に摂取することが出来ますよ。

 

キヌア

キヌアというのは、数千年も前から食用として栽培されている食べ物です。エストロゲンに似ているフィトエストロゲンを多く含んでいますので、美容に意識が高い女性の間ではとても人気があります。

 

ザクロ

ザクロにも女性ホルモンと似たような働きをする成分、エストロンを含んでいます。エストロゲンという言葉と似ていますよね。

イギリスやアメリカ、中国では薬としても使われていたようで、下痢や下血、脱毛、口内炎や扁桃炎のうがい薬として活用されていたともいわれています。

 

なのですが、エストロンはザクロの種の中に多く含まれているということもあり、1キロの種子の中にわずか17mgしか含まれていないといわれています。

ですが、少しでも女性ホルモンを増やすとなると、積極的にとっておくことをおすすめしますよ。

 

以上が女性ホルモンの分泌を高めてくれるといわれている食材になります。

 

サプリメントを使って摂取する

もちろん、先ほど紹介した食材を利用してもいいのですが、成分をしっかりと摂取するのであれば、サプリメントが効果的です。

 

ちなみに、サプリメントでしか手に入れることが出来ないといわれているプエラリアという植物には、女性ホルモンの分泌を高める効果があり、普通に食事で摂取するよりもとても大きな効果があるといわれています。

 

このプエラリアは、非常に貴重な食べ物ということもあり、輸出することが禁止されているため、加工された形のサプリメントでしか入手できないのです。

 

ちなみに、プエラリアを摂取するのであればこちらで紹介しているベルタプエラリアという商品が効果的ですよ。

 

 

プエラリアを効率よく摂取することが出来ますので、おすすめです。

 

冷えを解消する

日本の女性の多くが冷えで悩まされていますが、この冷えという状態は、女性ホルモンの分泌という観点から見た場合、あまりよくはありません。

 

冷え性によって、血流が落ちて、体の代謝が低下して、免疫力が落ち病気になりやすくなります。免疫力に関しては体温が1度下がるだけで、30%もダウンするといわれていて、ここ50年の間に、日本人の平均体温も36.8から0.8度近く落ちているというデータもありますので、昔と比べると日本人全体の免疫力は落ちています。

 

当然、体の代謝が落ちてしまうということは、女性ホルモンの分泌力も落ちてしまうということになります。そのため、

  • 普段からあまり冷えた清涼飲料水を飲まない
  • 砂糖が多く入ったお菓子を食べない
  • 冷えるような恰好をしない

といったことが非常に重要です。

 

腹式呼吸を行う

すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

続いては腹式呼吸です。呼吸や女性ホルモンには大きな関わりがあると言われています。

 

女性ホルモンを構成している酵素というのは、細胞のミトコンドリアという場所にあると言われています。ですが、呼吸が浅い場合にはしっかりと酵素をミトコンドリアに送ることが出来ません。

 

ですので、腹式呼吸というのが重要になってくるのです。

 

腹式呼吸の方法は、寝ながら仰向けになって行うか、椅子などに座って、姿勢を正して行うかのいずれかの方法があります。

 

そして、手順は以下の通りです。

  1. お腹に意識を集中して、へこませつつ、口から10秒から15秒にかけて息を吐す
  2. お腹を膨らませつつ、口を閉じ鼻から息をゆっくり吸い込む

このセットを10回程度繰り返します。

 

この腹式呼吸にはインナーマッスルを鍛えるという効果もあり、お腹周りやウエスト周りを引き締める効果もありますよ。

 

ちなみに、普段の呼吸でも、常に鼻で吸って、口で吸うことを意識していると、自然と腹式呼吸出来るようになりますよ。これだけでも免疫力アップに効果的ですので、是非とも実践してみてください。

 

当然、体の代謝のバランスも整えられ、ストレス解消にもつながりますので、女性ホルモンの分泌にも効果的です。

 

ツボ押しやマッサージをする

ツボ押しやマッサージを行うことで、血行を促進することができ、女性ホルモンの分泌を促します。

 

乳頭と乳頭を線でつなぎ、ちょうど真ん中にあたる位置にあたる壇中というツボを押すことで女性ホルモンの分泌を促すことができるので、参考にしてみてください。

 

質の良い睡眠をとる

すね毛が濃い女性必見!原因は男性ホルモンにありか

睡眠不足な生活が続くと、女性ホルモンは乱れてしまいます。また、成長ホルモンが分泌しやすいのが22時〜2時の間。

 

なるべくこの時間より前に寝るように心がけ、質の良い睡眠を取り入れていきましょう。

 

恋をする

恋愛をすると、女性ホルモンのエストロゲンが増えます。よく、『恋をすると綺麗になる』と言いますが、それは恋をすると女性ホルモンが増えるため。

 

また、恋愛ホルモンと呼ばれるフェニルエチルアミンの増加も見られるので、女性ホルモンの分泌を促すのに効果的と言われているのです。

 

すね毛が濃くても諦めないで

足は見せる機会が多いので、すね毛が濃いと処理するのに悩んでしまうと思います。しかし、ムダ毛が濃くなるには原因があるのでそこを改善すれば薄くしていくことはできます。

 

男性ホルモンの分泌が多くなり、女性ホルモンの分泌量が減ってしまうと、ムダ毛が濃くなる原因となるので、今回お伝えしたポイントを気をつけていきましょう。

 

また、当サイトおすすめなのが”脱毛石鹸“です!

 

自宅にいながらも購入サロンで脱毛したような仕上がり具合にとてもびっくりします。多くの芸能人も愛用していると噂の脱毛アイテムを一度使ってみませんか?

>> 毛深い私が驚いた驚愕の脱毛石鹸!

 

こちらの記事も今よく読まれています!

このサイトでよく読まれている記事もチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ムダ毛は抑えるの可能?男性・女性におすすめの食事やクリーム紹介
  2. 脱毛デメリットホルモン影響人体
  3. 16歳でジェイエステの脱毛を受けるには親の同意書が必要?
  4. 16歳未満でも脱毛はできるの?16歳未満におすすめの脱毛方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。