冬のムダ毛処理のおすすめ人気ランキング

この記事は6分で読めます

冬のムダ毛処理はお風呂が寒いから面倒!という方も多いのではないでしょうか?

 

肌の露出が少なくなるので、ついついボディケアを怠りがちになると思いますが、一方で毛はたくましくなってしまいます。

いつのまにかフサフサになっていたらショックですよね。

 

しかしながら、いざ!というときになったときに処理をしてなくてやばい!という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

そのようなことが起こらないためにも冬のムダ毛処理のおすすめ人気ランキングをお届けしていきますので参考にしてみて下さい。

 

なんと女子の◯割がムダ毛の処理をサボりがち!

冬のムダ毛処理

冬のムダ毛処理に関する統計ではなんと実に7割を超える女性がムダ毛の処理がサボりがちになるそうです。

理由としては露出する機会が減るからといった理由や処理するのが寒くて面倒といった理由、それ以外にも肌が弱いからといった理由もあるようです。

 

ただ一方でサボっていたことで、

  • 腕まくりしたらボーボーだった
  • 急なお泊まりでやばかった
  • 試着のときに足のムダ毛が・・・
  • ムダ毛処理を忘れて結婚式の出席してしまった

といった体験談も・・・

 

ムダ毛が飛びたしていたことで恥を書いてしまったり、素敵な男性との出会いが無駄になってしまう可能性がなきにしもあらず・・・

 

やはり冬でもムダ毛処理は侮れないと言えそうです。

さらに一番気になるのが男性からの意見ですよね・・・

実際にどのような意見を持っているのか調べてみました。

 

冬のムダ毛に対する男性側の意見

驚く

 

ムダ毛についてはこのような男性が側の意見が・・・

  • 意外になところに毛が生えていてちょっとびっくり!
  • なんか暗くてわかんなかったけど、やけにザラザラするなと思ったら毛でした!笑

といったように、驚いたという意見が比較的多いようです。

 

好意を寄せてられていれば一発でアウトになるような状態を回避することができるのかもしれませんが、中には「冷めた」といった厳しい意見もありました。

 

男性の許容度によるとしか言いようがないのですが、やはり女子力を下げる原因になるのは間違いありません。つまり脱毛してないよりしていた方がいいのです!

とは言え冬場は面倒という声も多いはず。

万が一のチャンスをムダ毛で逃すのか逃さないのかにもかかわってきますので、注意が必要と言えるでしょう。

 

おすすめランキングをお伝えする前に、冬場のムダ毛処理のポイントをお伝えしていきます。

 

冬のムダ毛処理のポイント

寒い

冬はやはり寒いですよね!

寒い中でムダ毛処理をしているとカラダが冷えてしまいます、これは冷えを招くことになり肌や美容にとってはマイナスポイント。

冷えから血流が悪くなり、代謝が落ち太りやすく溜め込みやすいカラダになりやすくなってしまいますので、注意が必要です。

 

それ以外にも当たり前かもしれませんが、寒さが原因で風邪を引いてしまったりといったようにムダ毛処理に時間をかけていられないという方もいるかもしれません。

 

乾燥している

冬のムダ毛処理で注意したいのが乾燥です。

肌が乾燥している状態でムダ毛処理をしてしまうと直に肌にダメージがいってしまいます。

そのため、まずは湯船につかってカラダをあっためて水分で毛を柔らかくするのが大切です。

 

また、長い間湯船につかってしまうと肌がふやけてしまい肌が刺激に敏感な状態になってしまいますので、注意しましょう。

お風呂に入るのは大切ですが、浸かりすぎも厳禁です。

 

このように冬は冷えて乾燥しやすい時期。

女子にとってはどちらも大敵ですので、これらに注意しながらどのようなムダ毛処理の方法を選択するのがベストなのかお伝えしていきます。

 

冬のムダ毛処理おすすめ人気ランキングベスト10

おすすめ

第10位:毛抜き

毛抜きはいわゆるピンセットで抜く方法です。

手軽でいいのですが冬はとにかく寒いですよね。暖房をかけながらならいいのかもしれませんが、その分乾燥が・・・と板挟みに合いそうです!笑

 

毛は綺麗に抜けるのかもしれませんが、毛穴が汚くなりますので、結局見た目がよくありません。

費用が安いというメリットはありますし、毛は数週間は生えてこないので頻度が少なくて済むのはいいのですが、埋没毛によるトラブルがあったり毛穴が汚くなってしまう点や処理に時間がかかるのはマイナスポイントといえるでしょう。

処理がしにくい部分がありますよね。

 

第9位:カミソリ

カミソリといえば自己処理の定番。

手軽に処理できる一方で、使い続けるとダメージが大きくなるので注意が必要です。

 

それ以外にも、埋没毛ができやすいというデメリットがあったり、毛穴が汚くなる可能性もありますし、毛が濃くなっていく可能性があるといったデメリットもあります。

毛が濃くなっていくという点についてはランキングの後に噂が本当であるのかどうかといった点についてお伝えしていますので、参考にしてみて下さい。

 

第8位:除毛器

除毛器は毛を熱で焼ききる機械。

正しく使うことで除毛ができ、毛先がチクチクになりにくいというメリットがあるものの、処理にすごい時間がかかってしまうことや上手く使うのが難しいという点もあります。

 

まだ、火傷の危険や熱による肌ダメージもあり、費用も高めなので、おすすめできるといったほどではありません。

 

第7位:ヒートカッター

ヒートカッターはアンダーヘアのはみ出し部分を熱で切って毛の長さを調節するための機械。

ハサミで切るより仕上がりが自然なのでがいいところです。

一方で毛を焼くことになりますので、毛が臭いということもあったり、以外に処理に時間がかかるのが難点。

ハサミより良いといってもとても仕上がりがいいというわけではありません・・・

 

第6位:抑毛剤

抑毛剤は個人差が大きいものの毛が生えるスピードが遅くなり、毛が細くなるという性能がある一方で、肌に優しい成分が含まれているので、肌への負担は抑えられています。

 

一方でデメリットとしてはやはり個人差が大きいところ。

効果が出るまで早くとも数週間かかり、使うのをやめると元に戻ってしまう可能性があったり費用が比較的高めになっています。

ただ、最近では石鹸タイプのものも出ており自然とお風呂の中で体を洗う習慣として取り入れつつムダ毛を少なくできるという効果がありますので、かなりおすすめです。

 

第5位:除毛剤・除毛クリーム

除毛クリームは毛を溶かしてくれる薬剤が入ったもの、一時的に一度にそして綺麗に除毛するならおすすめです。

上手く使うことができれば5分〜10分程度で毛をごっそり処理することができます。

ただ肌への負担が大きいところや費用が少し高めなのが難点。

臭いが強いものも中にはありますが、最近では臭いを抑えたタイプのものが多いのでその点でも使いやすくなりました。

一気に毛がごっそり取れる姿は見ていて爽快感があるので、はまっちゃう人もいるかもしれませんね。

 

第4位:ムダ毛トリマー

小型のスティック状バリカンであるムダ毛用トリマー。

範囲の広いムダ毛処理には向いていないものの、細かい部位や細い毛の処理にはとても便利ですね。

持ち運びもできるため、何かあったときのために1本は必須とも言えるのではないでしょか?

比較的肌に優しいところもいいところですね。

太い毛には向いていないので、他のムダ毛処理の方法と合わせて使うのがいいでしょう。

 

第3位:電気シェーバー

電気シェーバーはボディ用のムダ毛処理に使える優れもの。

皮膚への負担が少ない割にほとんどの部位に使えるので、かなりおすすめです。

手軽に処理できて、費用も安いのでコスパもgood。

ただ、デメリットとしては完全にツルツルにはならないことやこまめな処理が必要なところや産毛や細かい部分の処理には向かないところです。

ちょっと音が大きいところがたまに傷ですが、総じて優れたパフォーマンスを誇ります。

 

第2位:家庭用脱毛器

脱毛が自宅でできる機械です。

面倒でなければベストとも言える方法でしょう。

ただ、機種によって性能が違いますので、購入の前にチェックが必要です。

 

メリットとしては自己処理が不要になるので、それ以降は楽になることに比べて、費用が安く1台で様々な部分の脱毛ができVIOも自分でできるところです。

デメリットとしては自分で見えない背中は人にやってもらうしかない点や自分でやるのが面倒という方には向いてないところ。

脱毛器で言えばやはり、ケノンがおすすめです。

 

第1位:脱毛サロン

やはり、1位は脱毛サロン。

お金はかかるものの、効果があります。

3ヶ月くらいのペースで1年間通うことで満足できる状態には脱毛できるはずです。

 

メリットは毛を生えない状態をめざせるところ。

処理が必要ない状態まで持っていくことができればその先は処理が不要なのでムダ毛から解放されます。

一方で通うのが面倒だったり、時間が必要だったり、そして部位によっては恥ずかしいという方もいると思います。

お金もある程度かかりますが、それを超えるメリットを教授できるので、お金の面で問題ないという方はやはり脱毛サロンがおすすめではあります。

 

冬のうちに綺麗になっておくことで安心して夏を迎えられるというメリットもありますので、今のうちからコツコツ初めておきましょう。

 

番外編で脱毛石鹸も今話題!

10位から1位まで順番に見てきましたが、忘れてはいけないのが脱毛石鹸。

脱毛石鹸という名前だから脱毛できるの!?と勘違いしてしまいそうですが、脱毛石鹸は除毛効果のある石鹸で実際に永久脱毛効果があるわけではありません。

 

ただし、お風呂に入って体を洗うのをこちらの石鹸に変えていただくだけで、徐々に毛が薄くなっていくということで最近注目されているアイテムです。

特に、ジョモリーという脱毛石鹸が最近話題で多くの女性が愛用してて、一時期在庫切れを起こすほどでした。

>> ジョモリーで脱毛する!!

 

ムダ毛処理の疑問

考える女性

毛はカミソリで剃ると濃くなるのか

よくある疑問点で毛を剃ると濃くなるのかといった疑問があります。

果たしてこれは本当なのでしょうか?気になっている人も多いと思います。

 

剃ると濃くなるというのは半分本当で半分嘘であることがわかっています。

 

毛が濃くならないという意見としては、先が細くなっている毛を剃った場合断面の方が太いため太くなったように見えるという意見。

毛が生えてくる途中で剃ってそれより濃い状態になってしまったため、毛が濃くなってしまったように感じるといった意見もあります。

 

ただこれには医学的な根拠はないとされています。

一方でマウスの毛では5-10%は濃くなったいう結果もあり、やはり濃くなるといった考えもあるようです。

 

結論は解釈によって異なる

半分正解で半分嘘というのは解釈によって見方が異なるためです。

毛を切るという解釈の場合(毛の表面を切っている)は毛が濃くならないと言えます。

毛自体は毛先でも根元でも切っただけで毛が濃くならないことがわかっています。

 

一方で、毛を刃物で削るという解釈の場合は、毛が濃くなると言えます。

毛を剃る際に皮膚に同時に刺激を与えるような剃り方をしてしまうと毛は濃くなります。

カミソリのように皮膚への刺激が強い剃り方では毛が濃くなるというのは、毛は皮膚を守るという役割を持っているため、カミソリによって肌に刺激が加わることで体が肌を守ろうと反応して体毛を濃くするように命令が下されるということからです。

そのため、剃るのをやめた場合は体毛が薄くなることがわかっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

やはり人気はしっかりと脱毛できる方法です。

ムダ毛の処理の必要がなくなればそれだけ自分の好きなことに時間を使うことができます。

お金の問題や時間の問題もあるので、一筋縄ではいかないムダ毛の処理ですが、自分にあった方法でしっかりムダ毛の処理をしていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. おすすめ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。